トイレ・洗面所のリフォーム

マンションのトイレのリフォームの相場

マンションのトイレのリフォームの相場 マンションのトイレをリフォームする場合、現在の相場は15万円から30万円が相場です。なおこれは税抜きの価格でこれに消費税が付きます。
幅があるのは新しくするトイレの設備によるからです。安いものはタンクがある形です。
現在は今までのようにタンクが壁側に付いている形ではなく付いていないものが主流となっていますが、従来型のものは前のと入れ替えるだけですのでその分費用が少なくて済むのです。
お年寄りの方など今までの形がよいという人にはお勧めです。これですと20万円未満です。なお現在はすべて節水型になっていると言っていいです。
タンクがないものは20万円から30万円です。現在は便座が温水で温まるものになっていますが、その形式によって価格が異なります。お湯を貯めて温める方式のものの方は安く20万円前後です。
瞬間的に便座を温めるものは現在最も価格帯は高めで25万円から30万円あるいはそれ以上です。
リフォーム工事費を含んでその価格ですという場合はさらにお得になります。

マンションの洗面のリフォームの相場

マンションの洗面のリフォームの相場 マンションの洗面のリフォームの相場は5万円から15万円です。洗面化粧台をどういうものにリフォームするかで価格が変わってきます。
まず一番の違いは鏡の数です。一面だけ付いているものが当然安く数が増えるに従って高くなります。鏡一枚ごとの大きさは通常は変わらないものですが、中には違いがあることも考えられますので事前に確認するのがよいです。
なお横幅は通常決まっていまして洗面化粧台はどれも普通は同じような幅です。
ということは鏡が一枚だけのものは両方のサイドにその分置き台などが付いていることになりますが、それによってはかえって便利ですので安い分得と考えることもできます。
鏡の数以外での価格の差は、洗うところの材質です。人工の大理石などが使われていますと高く10万円以上になっていきます。
横幅と違いまして奥行きは製品ごとに差がありますからそれでも価格が違ってきます。
奥行きが狭い方が価格は安いわけですが、洗面所自体の面積もありますし使い勝手は人それぞれですので、狭い方がよいという人には安い分かえって得になります。
下部の引き出しは台ごとにバラバラですので、こういうところも事前に見て決めるとよいです。